西条青年会議所の活動を分かりやすく皆様にお伝えします。

What’s JC

NO IMAGE

日本青年会議所とは

青年会議所は活動の基本を「修練」「奉仕」「友情」におき会員は「明るい豊かな社会を築き上げる」ことを共通の理念としています。また、会員相互の啓発と交流をはかり、公共心を養いながら、地域との協働により社会の発展に貢献することを目的としています。 修練・奉仕・友情を心信条とし、よりより社会作りを目指す。1949年、明るい豊かな社会の実現を理想とし、責任感と情熱を持った青年有志による東京青年商工会議所(商工会議所法制定にともない青年会議所と改名)設立から、日本の青年会議所(JC)運動は始まりました。 ともに向上し合い、社会に貢献しようという理念のもとに各地に次々と青年会議所が誕生・1951年には全国的運営の総合調整機関として日本青年会議所(日本JC)が設けられました。 日本青年会議所は全国に会員として700近い各地会員会議所があり、35,000人を超える会員が、三つの信条のもと、よりよい社会づくりをめざし、ボランティアや行政改革などの社会的課題に積極的に取り組んでいます。さらには、国際青年会議所(JCI)のメンバーとして各国の青年会議所と連携し、世界を舞台として、さまざまな活動を展開しています。

青年会議所の特性

青年会議所には、品格ある青年であれば、個人の意志によって入会できますが、20歳から40歳までという年齢制限を設けています。これは青年会議所が、青年の真摯な情熱を結集し社会貢献することを目的に組織された青年のための団体だからです。 会員は40歳を超えると現役を退かなくてはなりません。この年齢制限は青年会議所最大の特性であり、常に組織を若々しく保ち、果敢な行動力の源泉となっています。 各青年会議所の理事長をはじめ、すべての任期は1年に限られます。会員は1年ごとにさまざまな役職を経験することで、豊富な実践経験を積むことができ、自己修練の成果を個々の活動にフィードバックさせていくことができます。 青年会議所におけるさまざまな実践トレーニングを経験した活動分野は幅広く、OBも含め各界で社会に貢献しています。たとえば国会議員をはじめ、知事、市長、地方議員などの人材を輩出、日本のリーダーとして活躍中です。

国際青年会議所(JCI)について

自由な社会と経済発展を実現し、新しい社会をリードするにふさわしい人材育成を目的として、1915年にアメリカ・ミズーリ州セントルイスに生まれた小さな青年活動グループから始まったJC運動は、その活動が認められ,アメリカの社会的活動を担う主要な青年団体へと発展していきました。

1944年には「積極的な変革を創り出すのに必要な指導者としての力量、社会的責任、友情を培う機会を若い人々に提供することにより、地球社会の進歩発展に資すること」を使命に、アメリカ、コスタリカ、エルサルバドル、グァテマラ、ホンジュラス、メキシコ、ニカラグア、パナマの8カ国によって国際青年会議所(JCI)が発足。その後、年々加盟国は増え、日本も1951年に加盟、JCIの一員として新たな活動の一歩を踏み出しました。 会員数17万人以上の世界で最も大きな青年団体です。現役メンバーに加え約250万人以上ものOBがいます。 毎年11月には世界会議が開催され、世界中のメンバーが一堂に会する重要な国際交流の場となっています。

西条青年会議所について

明るい社会の実現に向けて、2005年に旧西条青年会議所と東予青年会議所との合併を行い、一般社団法人西条青年会議所として今現在活動しております。

主に青少年育成事業をはじめ、まちづくり事業やひとづくり事業、各地域イベントの設営・補助を行っております。

2020年度活動方針

《不撓不屈委員会》
・厳粛且つ個性的な例会・理事会・総会の運営に努める
・例会自体の運営の見直し
・メンバー内の結束を固める広報活動
・不撓不屈の精神で邁進する

《さいじょうの笑顔委員会》
・2020年ブロック大会における記念事業の企画・運営
・会員の資質向上を図る
・進入会員に対しての定着を図る
・事業を元に笑顔あふれる委員会とする

《水都 room~幸大の待合室~》
・メンバー内の団結力の強化
・メンバー家族に向けての活動
・会員拡大

《ブロック》
・ブロック議長・副議長を輩出するにあたり、全面的なバックアップし、他委員会に積極的に参加する。
・自分達にしかできないブロック大会西条大会とする

理事長所信

【スローガン】
光明
~上へまいります~
まず最初に考えなければいけない事は、なぜ自分達が西条青年会議所に入会し、活動しているのか。地域の支え、他団体の支え、なにより、会社、家族の支えがあり活動できている事と考えます。自分の為、地域の為に知恵を出し行動し、自分の糧になるように努力しなければなりません。うちぬきはずっとでているようで、永久の資源ではありません。大切に使い、後世にきれいな水を継承していかなければなりません。
JC活動においても限りある時間を有意義に活動し、後世に継承していかなければならないと考えます。

「プライド」
2009年に入会し、諸先輩達の話しを聞き、いろいろな活動に参加さして頂いている内に、自分の中で向上心が生まれてきました。委員、副委員長、委員長と段階を踏んで行くうちに理事長になる。と言う感情が湧いてきたのを思い出します。同時に青年会議所のメンバーである事に誇りを持ちだしました
委員会で一生懸命悩み、企画、立案し、その議案について理事会では、叩かれ打ちのめされ、
プライドをズタズタにされます。しかし、強い意志の元、目標、目的に向かって考えれば、新しいアイデアが生まれ委員会が活性し、すばらしい事業になる事を僕は何度も見てきました。胸が熱くなる事業が自分の自信、プライドになって行くものと思います。現在、活動意義や将来のJCに不安があるメンバーもいると思います。
その不安を取り除き、自信を持ってJCしている!と言えるチームにしていきます。かっこ悪い自分の先に、かっこいい自分がいる。

「西条」
私達が活動エリアとする西条市。霊峰石鎚山のご加護を受け自然豊かなこの地域。豊富で清澄な水の恩恵を受け生産量トップクラスの農業品目生産量のものも多く、河口に豊かな水が流れ、あおさや海苔、ちりめんの生産が盛んである。工業においても、四国内の出荷額は上位を誇っている。広大な敷地の中にいろいろな職種の方が、活躍しているこの西条。
2004年に2市2町が合併し、東予青年会議所と西条青年会議所も翌年に合併し、今の西条青年会議所がある。当時の先輩方は、見えない苦労も多々あったはず。この場所を与えてくれた諸先輩方には、改めて感謝しかない。向きを変えれば一度に2LOMの先輩を手に入れたわけだ。
西条JCは勇者の剣と勇者の盾を手にいれた。こんな感じ。最近先輩達との交流が少なく寂しく思う所もある。先輩達からしたら、鬱陶しい事かもしれないが、現役は交流する事を躊躇せず、どんどん先人の話を聞き話した方が良いと思う。豊かな地域、そして心強い先輩達がいる。そして志同じくするメンバーがいる、何を恐れる事があるだろうか。

「FOR TEAM」
奉仕、修練、友情の3か条の下、僕たちは活動しています。常に向上心を持ち新しい事に挑戦する事が、僕達の本分であり使命だと思います。誰かの助けを借り、その借りを返す。この行為が純粋に行える場所が、青年会議所だと僕は思います。自分の所の事業に協力してもらったから、
今度は、自分達が力になろう。この助け合いは、自分達の結束力を確固たる物にします。これがあたり前になってくると、他LOMに対してもあたり前に行動できるようになると思います。
自分の事は、なかなか腰が重い時でも、人に頼まれると、なぜかやってしまう。皆さんもそうではないですか。2020年には第50回愛媛ブロック大会西条大会がこの西条の地で開催されます。
委員会は違っても、同じチーム。皆が協力して、1つの目標に進んで行く姿を見せる時です。  チームの為に。

「志」
自分の志を貫く為には、まず自分を知ろう。国を思う前に、しっかり親孝行しているか。地域の未来を語る前に、自分の会社の未来が描けているだろうか。一番身近にいる家族に優しくできているか。論じる事よりまず自分を律する事からはじめましょう。すべての原因は自分に有り。自分作りから地域創りを考えていきましょう。優しくなる為に強く成る。この時代に生まれ、この仲間と出会い、これまでの自分を振り返りつつ、これからの将来に向けての歩みを考えるにあたり、各々が強い志を持ち、ぶれない確固たる信念を持った自分が必要だと思います。世の為、人の為と大声で言えば恥ずかしいこの時代に、堂々と、世の為、人の為に僕達はやっている。と言えるようにしよう。真の楽しみは、苦しみの中にこそある。

「リーダー」
青年会議所はリーダーを育てる養成所とかよく言われたりしますが、リーダーとは何か。
グループ、集団を代表、指導、先導、統率する存在(ウィキぺディア)
青年会議所におけるリーダーとは、理事長1人ではありません。副委員長、委員長、事務局長、副理事長、理事長。長が付く役職は皆リーダーだと思います。それぞれのリーダーとしての役割があり、大変な役職です。自分はリーダーに向いていないからしないのでは無くて、リーダーに成る為に役職を受け持つのです。リーダーに成る為には、リーダーに力を貸してくれる人が必要です。力を貸してくれる人がいなければ、リーダーでは無いと思います。助け合い精神があるからリーダーが成り立つと思います。
僕のリーダー像は、目的地に向かって、あまり疲れず、怪我無く、誰も遅れる事なく目的地まで運んで行ける人だと思います。個の力は大切ではありますが、全体のバランスを取って運営していきましょう。与えられた環境が常に100%ではなくても、最善を尽くし努力しよう。近年では2018年に西日本豪雨災害が発生してしまいました。当時の理事長の下、声を掛け合い、少しでも被災地の力になれるよう行動したチームの一員だと言う事を忘れず、リーダーの集まりだからできる事があると思い行動しましょう。

「光明」
進みゆく道は果てしなく遠い、目の前に広がるのは幾千の蒼の道
まだ見えぬ光景を浮かべては、どこへ続きどこへ行けば答えは出ると、もがく
誰もが思う心の弱さ、さまざまな想いに潰されて、それでも僕らは諦める事なく
脆くも崩れる事もなく、一筋の光明に向かい、荒野駆け抜ける
僕達の意思で進むこの道に何の迷いもなく僕達が求むべき光の射す場所は
果てしなく遠き場所掴み取る光明に向かって
進み行く道に降り注ぐ現実は、時に迷い時に屈する、時に不安になる
難しいことは信じる心で、簡単なことはすぐ諦めてしまう心
繋ぎ止める1つの糸は、か細い心で繋がってはいるけどそんな不安な中で現実に立ち向かう、僕達の意思で進むこの道になんの迷いもなく、その眼に宿る、行く先はまだ見ぬ光明を求め果てしなき遠い場所掴み取る光明に向かっていつの日か幾千の光となり僕達を照らすだろう。

理事長 三崎雄

>共に活躍できる西条の「仲間」

共に活躍できる西条の「仲間」

西条青年会議所では共に活動できる「仲間」を募集しています。1年を通して全国イベントへ出席したり西条市内でのイベント企画・実施を行っております。20歳から40歳未満の「元気な西条人」お気軽にお問い合わせください。

CTR IMG