What’s JC

日本青年会議所とは

青年会議所は活動の基本を「修練」「奉仕」「友情」におき会員は「明るい豊かな社会を築き上げる」ことを共通の理念としています。また、会員相互の啓発と交流をはかり、公共心を養いながら、地域との協働により社会の発展に貢献することを目的としています。 修練・奉仕・友情を心信条とし、よりより社会作りを目指す。1949年、明るい豊かな社会の実現を理想とし、責任感と情熱を持った青年有志による東京青年商工会議所(商工会議所法制定にともない青年会議所と改名)設立から、日本の青年会議所(JC)運動は始まりました。 ともに向上し合い、社会に貢献しようという理念のもとに各地に次々と青年会議所が誕生・1951年には全国的運営の総合調整機関として日本青年会議所(日本JC)が設けられました。 日本青年会議所は全国に会員として700近い各地会員会議所があり、35,000人を超える会員が、三つの信条のもと、よりよい社会づくりをめざし、ボランティアや行政改革などの社会的課題に積極的に取り組んでいます。さらには、国際青年会議所(JCI)のメンバーとして各国の青年会議所と連携し、世界を舞台として、さまざまな活動を展開しています。

青年会議所の特性

青年会議所には、品格ある青年であれば、個人の意志によって入会できますが、20歳から40歳までという年齢制限を設けています。これは青年会議所が、青年の真摯な情熱を結集し社会貢献することを目的に組織された青年のための団体だからです。 会員は40歳を超えると現役を退かなくてはなりません。この年齢制限は青年会議所最大の特性であり、常に組織を若々しく保ち、果敢な行動力の源泉となっています。 各青年会議所の理事長をはじめ、すべての任期は1年に限られます。会員は1年ごとにさまざまな役職を経験することで、豊富な実践経験を積むことができ、自己修練の成果を個々の活動にフィードバックさせていくことができます。 青年会議所におけるさまざまな実践トレーニングを経験した活動分野は幅広く、OBも含め各界で社会に貢献しています。たとえば国会議員をはじめ、知事、市長、地方議員などの人材を輩出、日本のリーダーとして活躍中です。

国際青年会議所(JCI)について

自由な社会と経済発展を実現し、新しい社会をリードするにふさわしい人材育成を目的として、1915年にアメリカ・ミズーリ州セントルイスに生まれた小さな青年活動グループから始まったJC運動は、その活動が認められ,アメリカの社会的活動を担う主要な青年団体へと発展していきました。

1944年には「積極的な変革を創り出すのに必要な指導者としての力量、社会的責任、友情を培う機会を若い人々に提供することにより、地球社会の進歩発展に資すること」を使命に、アメリカ、コスタリカ、エルサルバドル、グァテマラ、ホンジュラス、メキシコ、ニカラグア、パナマの8カ国によって国際青年会議所(JCI)が発足。その後、年々加盟国は増え、日本も1951年に加盟、JCIの一員として新たな活動の一歩を踏み出しました。 会員数17万人以上の世界で最も大きな青年団体です。現役メンバーに加え約250万人以上ものOBがいます。 毎年11月には世界会議が開催され、世界中のメンバーが一堂に会する重要な国際交流の場となっています。

西条青年会議所について

明るい社会の実現に向けて、2005年に旧西条青年会議所と東予青年会議所との合併を行い、一般社団法人西条青年会議所として今現在活動しております。

主に青少年育成事業をはじめ、まちづくり事業やひとづくり事業、各地域イベントの設営・補助を行っております。

 

 

2019年度活動方針

≪総務広報LOM活性化委員会≫

1.効率的かつ安定的な組織運営

2.青年経済人としての資質向上を図るためのスキルアップ例会

3.地域を担う仲間の拡大(目標会員増強 10 名)

 

≪次世代育成委員会≫

1.地域の強みを活かした希望を抱くまちづくり事業及び例会アワー

2.心身の教育、わくわくする未来への青少年育成事業

 

 

理事長所信

【スローガン】

知行合一

~すべてはやるかやらないか、西条の覚醒~

 

はじめに

どんな時代においても変化は、たった一人の想いと行動から生まれる。しかし、自分にはできないと決めつけ、行動を起こさなければ、他を巻きこむことも、助け合うことも、何の変化も起こらない。つまり、行動こそが真実である。知っていても行動しないのは、知らないのと同じである。

「迷ったら、やった方が正解」私が行動指針にしている言葉です。やらなかったことに対する後悔は、果てしなく正解がない「たら、れば」が続きます。一方、やったことに対する後悔は、自分の捉え方次第です。失敗だったと後悔する事もできれば、やってみたから分かったと気付きにする事もできます。そして、その原体験に対する意味付けが変われば、やったことは時の経過とともに財産になります。人間力は、新しいことに挑戦し、自分のキャパシティを広げることでしか高められません。「万事研修」の姿勢で素直な心であらゆる活動に積極的に挑戦しましょう。

 

このまちの未来の為に

「一生の最もすぐれた使い方は、それより長く残るもののために費やすことである。」

-  哲学者ウィリアム・ジェームズ  –

自身の子供たち、孫たちはもちろんのこと、私たちは青年経済人として、社員やその家族のため、そしてこのまちの未来のために時間を使うべきであり、その生き方を選択しているでしょうか。我々の、その判断、その行動はこのまちの未来のためになっているでしょうか。それは、ただの行動ではなく、相手のことを考えて動く「考動」でしょうか。我々が実施する「考動」がこのまちの魅力、そして、このまちの未来へと繋がります。

 

 

 

 

仲間づくり

例会はメンバーが一斉に集い、互いの活動を知ることのできる交流の場です。だからこそ、目的や意図、そして成果をその都度明確にした設営をすることで学びの場として開催することが必要となります。義務的に参加する会ではなく、積極的に足を運ぶ会となることで更に活気と交流の溢れる会へと導きます。これまで繋いでいただいた凛とした規律ある例会に「意義」という熱量を加えることで西条青年会議所らしい時間を創出しましょう。

 

ひとづくり

ただ入会しているだけでは何ら意味を成すものではありません。例会や事業に参加してはじめて蓄積することのできる経験、そんなJC運動を通して修練を積むことで、自律したリーダーとなり、そのプロセスの中でかけがえのない友情を生みます。

困難な状況においても、懸命にJC運動に取り組み挑戦することで卓越したリーダーへと変貌を遂げる。それはこのまちに対する私たちの使命であると同時に、送り出してくれている会社や家族に対する責務でもあります。明確なビジョンをもって、西条青年会議所という「学び舎」で実践を経験し、共に成長を目指しましょう。

 

組織として・仲間として

これからの西条青年会議所を担っていく人財を育成するにあたり、自分が源泉であるという意識改革を促し、理事会や委員会において全員が意見を言い合える組織運営を行います。自分が源泉とは、目の前にあるすべての結果を「自分が創ったとしたら」という立場で、その事実に向い合うことです。

青年会議所の事業は、綿密に練られた計画によって実行され、結果が生まれます。良い結果が生まれたとき、それは成果となります。だからこそ毎年、計画書に魂を込め、会議に臨み、それを基に議論を交わして参りました。JC運動のすべての基となる計画書をしっかりと作成し精査することが、会議の質を上げ、実行の質を上げ、成果を生むことになります。

JC運動には、ひとつとして楽なものはありません。これで完璧とさえ思える計画が、誰かに落ち度を見抜かれます。そうして、何度も足を運び、教わり、構築しては振り出しに戻され、頭をひねらせます。議論をするための資料作成やパソコン技術の成長だけでは

 

 

 

打ちのめされるのが青年会議所の楽ではないところです。そもそも、明るい豊かな社会を実現させることを目的とする我々の運動に一番必要なのは資料やパソコンではない、その想いをメンバーに伝えるべく、熱い情熱をもった「人」なのです。この想いをもった人こそが、明るい豊かな社会を築く礎であります。青年会議所が何を与えてくれるのかではなく、自分自身が青年会議所に対して、わがまち西条に対して何が出来るのかを問い、高い志と強い覚悟を持ってJC運動に挑戦しましょう。

青年会議所に入会しなければ、知り合うことも仲良くなることもなかったさまざまな職業の仲間たち。ともに頑張った事業では、気が付けばいつも周りには青年会議所のメンバーがいました。そうした体験が、年齢や職業の枠を超えて生涯の友をつくるものと確信しております。

 

結びに

我々に残されている時間は限られています。「Don’t think.Feel」考え込むより、まずは感じて行動しよう。すべてはそこから始まる。青年会議所での役職経験やその活動は必ずやあなたの財産になります。西条青年会議所の今後迎える将来、このまちの未来をしっかりと見据え、多くの知識を学び活用し、そして、成功・失敗の経験を繰り返し、来るべき未来に向けた準備をしましょう。JCで泣いたり、笑ったり、悔しがったりしながら、人づくり・まちづくり・自分づくりに励みましょう。人生と真剣に向き合い、行動することでしか、真の価値観を確立することは出来ません。理想を描き、具体的な目標を持ち仲間を巻き込みながら成長していく。そんな西条青年会議所であり個人であれば、必ず会員拡大は成功します。魅力ある人間が集結した組織は、外部からすれば、自然と羨望の眼差しを向けられ、仲間はおのずと増えていくものと確信しております。

組織にプライドを持ち、明確な戦略を掲げて、会員の増強に取り組んでいく。様々な問題を誰かのせいにして諦めることはもう終わりにしましょう。誰かに頼るのではなく、自分に何ができるかを考えましょう。

一生に一度しかないこの1年を、「活動への自信を胸に~情熱とプライドを~」

2019年(一社)西条青年会議所

理事長 兼頭   昭義