3月決算

仕事も繁忙ピーク。今年はGWの影響もあり、スケジューリングが大変でした😊

ところで、なぜ3月決算法人が多いのか?

会社は一年以内の期間で事業年度を自由に決める事ができる。この決算期を決めるのになぜ3月にするのか。

・国や地方公共団体の会計年度、予算が4月から3月だから。

これはやむを得ない。

次の2点が民間企業が3月決算にするといわれる理由。

・日本の教育機関が3月卒業であること。企業が人材を新社会として採用・育成しようとする場合に、入社時期を4月にせざるを得ないため

・税法改正への適応。税法といった法律の改正は4月1日から適用されることが多いため

この3月決算法人から、所得拡大促進税制も改正によって活用しやすくなりました👍

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/hojin/5927-2.htm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です