令和の時代

GWも残りあと3日ですね。

平成から令和へ

令和の時代、いろいろな場面で「変革」がキーワードになる。

例えば、働き方改革が良い例だ。

生産年齢人口が減少の一途をたどるなか、どうやって労働力を確保するか。

いまのこの状況、いまの安定はそのままで持続できますか?

変革なくして持続なし。

令和の時代は、

仕事の在り方や

組織の仕組みを

再定義し、いかに社員が幸福になるかを考えよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です